世界のエネルギーニュース総括:5月17日


Forum on Energyの週刊ニュース総括では、ウェブ上からピックアップした世界のエネルギーに関する話題について取り上げています。ニュース総括は毎週木曜に公開され、Twitterアカウント@forumonenergyからも閲覧可能です。

東電、炉内の温度測定試験を開始

「これまでに類を見ない」試験的な取組みを続けている東京電力ホールディングス(TEPCO)は今週月曜日、2011年の福島事故でメルトダウンを起こした福島第一2号機への注水を一時的に停止した。この試験の目的は、非常事態発生時に同機の炉内温度がどのような挙動を見せるのか情報を収集することにあり、その情報は緊急時対応計画の改善に活用する。1号機と3号機については注水を続け、炉内で溶融した燃料の冷却を続ける。これまで2号機には、毎時3トンの冷却水を注入しており、原子炉圧力容器底部の温度はおよそ24.5℃であった。TEPCOは7時間の試験終了後、この温度が4℃上昇すると考えている。

出典:The Japan Times

 

アメリカで放射性廃棄物法案が議会に提出

5月14日、ジョン・シムカス下院議員(共和党、イリノイ州選出)がアメリカの放射性廃棄物規制を改革するための超党派法案を議会に提出した。シムカス議員は「排出量削減に本気で取り組むのであれば、現実的に考えて原子力は、我が国のエネルギーポートフォリオのなかで十分な割合を維持している必要がある。……しかし、廃棄物の問題をクリアすることができなければ、この重要なオプション抜きで、気候変動対策のためのあらゆる取組みを進めていかなければならなくなる」と述べている。議会の会議録によると、この法案は「2019年核廃棄物政策修正法案(H.R.2699)」という名称で、1982年の核廃棄物政策法を改正するものである。また、シムカス議員はジェリー・マクナーニー下院議員(民主党、カリフォルニア州選出)との共同提出という形で本法案を提出している。なお、他の共同提出者は次の通りである:スコット・ピーターズ議員(民主党、カリフォルニア州選出)、ジェフ・ダンカン議員(共和党、サウスカロライナ州選出)、サルー・カルバハル議員(民主党、カリフォルニア州選出)、デビー・レスコ議員(共和党、アリゾナ州選出)、リサ・ブラント・ロチェスター議員(民主党、デラウェア州選出)、フレッド・アプトン議員(共和党、ミシガン州選出)、ビル・キーティング議員(民主党、マサチューセッツ州選出)、リック・アレン議員(共和党、ジョージア州選出)、マイク・ドイル議員(民主党、ペンシルバニア州選出)、ジョー・ウィルソン議員(共和党、サウスカロライナ州選出)、ジョー・コートニー議員(民主党、コネティカット州選出)、トロイ・ボルダーソン議員(共和党、オハイオ州)

また、本法案の主な目的は次の通りである:

 

  • ユッカマウンテンの認可や建設の可否を決定する正式なプロセスを実施できるようにして、保留になっている最終処分場の認可問題を解決に向けて前進させる。
  • 破綻したファイナンスメカニズムを改革し、費用負担者を保護する。また、複数世代間にわたるインフラプロジェクトを十分に建設・運用できるだけの出資をエネルギー省(DOE)に確保するよう求める。
  • ユッカマウンテン処分場の作業を進めている間、DOEには一時保管プログラムを実施させ、廃炉された発電所の使用済燃料をまとめさせる。地震活動が活発な地域の使用済燃料は、優先的に中間貯蔵施設に移送する。
  • 貯蔵施設を受け入れるネバダ州と現地のステークホルダーには、連邦政府と協議する機会を設ける。
  • 州内のDOE施設から最も迅速に「軍事廃棄物」を搬出できるルートを用意して、周辺に位置する国家安全保障上の重要施設群を保護する。

 

出典:The Ripon AdvanceOffice of Rep. McNerney

 

ポーランド、初の原子力発電所建設へ

ポーランドのエネルギー大臣であるクシシュトフ・トゥホジェフスキ氏は出演したラジオ番組のなかで、同国初の原子力発電所建設に向けた準備を進めていることを明かした。この発電所は北部のポメラニア地方に建設される予定で、ポーランド政府は2033年までにこれを完成させたいとしている。トゥホジェフスキ氏によると、立地地域からは既に、発電所建設について「社会的承認」を得ているとのことである。同氏はまた、「原子力発電所はセキュリティの問題もあって建設費は高いが、運転費は非常に安くなる」とも述べた。ポーランド初の原子力発電所は設備容量が1.0-1.5GWとなる見通しである。同国は最終的に、2043年までに最大6基の原子炉を建設することを目指しており、合計の設備容量は6-9GWになるとしている。

出典:World Nuclear News

 

  • Tags: