世界のエネルギーニュース総括:6月8日


Forum on Energyの週刊ニュース総括では、ウェブ上からピックアップした世界のエネルギーに関する話題について取り上げています。ニュース総括は毎週木曜に公開され、Twitterアカウント@forumonenergyからも閲覧可能です。

安部首相、米朝首脳会談前にトランプ大統領と会談

安部首相は昨日ホワイトハウスを訪れ、北朝鮮との首脳会談を前にしたトランプ大統領と会談を行った。安部首相はトランプ大統領に、「北朝鮮に対して譲歩せず、核兵器の全廃を要求する」よう求めたほか、全ての弾道ミサイルおよび大量破壊兵器を破棄するよう求める国連安保理決議は「履行されなければならない」と述べたとのことである。また、安部首相の要望により、トランプ大統領から北朝鮮による日本人拉致問題に関して、金正恩氏に圧力をかけることについても話し合われた。トランプ大統領は来週シンガポールへと向かい、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談に臨む予定である。

出典:NPR

 

トランプ大統領、米国の原子力発電に対する救済措置を指示

トランプ大統領は米国での原子力発電所の閉鎖に対して、早急に保護措置をとることをリック・ペリー・エネルギー省長官に命じた。この指令には苦境にある石炭火力発電所も対象として含まれている。ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官はインターネット上の声明で、「燃料供給が安定的な発電所に閉鎖の危機が差し迫っており、我が国のエネルギーミックスの根幹に係る部分が急速に萎みつつあるほか、電力系統のレジリエンスにも影響を与えている」と述べている。米国では、石炭および原子力発電が天然ガスおよび再生可能エネルギーとの間で、一層激しい競争にさらされている。救済措置の方策としては、エネルギー省に「戦略的発電量リザーブ」を設ける権限を行使させ、系統運用者に石炭や原子力発電による電力を購入させるようなインセンティブを設ける、という形になると考えられる。

出典:Bloomberg

 

中露が原子力契約を締結

中国とロシアはこのほど、4件の合意文に署名を交わした。この合意文は、「徐大堡および田湾における4基のVVER-1200の建設、高速炉CFR-600のパイロットプロジェクトでの協力、中国の月面探査プログラムに使用される放射性同位体熱電気転換器(RITEG)へのパーツ供給」に関するものとなっている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の習近平国家主席も調印式に出席した。今回の合意は、中国とロシアが引き続き原子力開発を推進していくことを示すものである。日米ラウンドテーブルは現在、両国がこうした中露の動きに対抗できるよう、大西洋評議会と協同して原子力利用の促進に向けた取組を進めている。

出典:World Nuclear News

  • Tags: