福島からの教訓: チャック・カスト氏インタビュー


福島からの教訓」シリーズの最終回インタビューとして、米国原子力規制委員会(NRC)の元委員であるチャールズ(チャック)・カスト博士に福島事故とその後の状況に関する見解と意見を伺った。カスト博士は事故後に初めて福島を訪問した米国人の一人である。福島事故数日後に、日本における米国連邦幹部の主導者として派遣されたのである。 Chuck Casto with title

カスト博士は、未曾有の災害であったことと事故直後のコミュニケーションの難しさを考えると、「世界規模で不安が広がっていたのは理解できる」と強調した。カスト博士が最初に実施した対応策の一つは、米国人エンジニアを日本に派遣し、日本の電力会社および当局のエンジニアと対話を行うことであったが、どのエンジニアも事故によって引き起こされる世界的な影響を思い描くことができないという制約があることがすぐに明らかとなった。

事故10日後、日米政府による二国間会合が開始された。それまではコミュニケーションは比較的まとまりがなかったが、米国が関心を示し、日本が必要とするものを明確にすることで、最終的に数百万ドルに相当する物資援助が可能となったことを考えると、二国間の直接的な議論は必要不可欠である。

カスト博士は、福島事故前まではコミュニケーションが不足し、特にNRCとそれに相当する規制当局との間で顕著であったと強調した。事故以来、政府間および二国の産業界における直接的な連携に大きな進歩が見られるようになった。

カスト博士は福島第一の事故を説明しつつ、日本の作業員が見せた危機的状況におけるリーダーシップの技術についても言及し、災害における人的要素の素晴らしい例であると強調した。さらに、これら作業員が、発電所の状態も家族や家が無事かどうかもわからない不安な状況にも関わらず原子炉の復旧を試みた不屈の精神に注目する。

最終的に、カスト博士は福島事故から得られたことがあると確信する。

  1. 原子力業界はこの規模の事故が起こり得ると確信しなければならず、その結果としてそれら事故に対する適切な対応策を準備しなければならない。
  2. 最終的に、東京電力は世界の原子力業界との協力を通して、国際的な協力と支援のモデルを設定した。
  3. 福島第一における廃止措置作業によって、原子力業界を発展させることとなる廃止措置技術、ロボティクス、計装、戦略などが大幅に改善された。

カスト博士は、東京電力など日本の電気事業者が安全文化をより強固なものとし、外部から有識者を招聘し議論を行うことによってより良い企業となることができたと述べる。最後にカスト博士は福島の将来と原子力産業界全体に関して強い楽観的見解を表明した。

  • Tags: