世界のエネルギーニュース総括: 1月28日


Forum on Energyの週刊ニュース総括では、ウェブ上からピックアップした世界のエネルギーに関する話題について取り上げています。ニュース総括は毎週木曜の朝Forum on Energyで公開され、Twitterアカウント@forumonenergyからも閲覧可能です。 

高浜原子力発電所が金曜日に再稼働を予定
関西電力株式会社は、1月29日金曜日に高浜原子力発電所3号機の再稼働を計画している。3号機の再稼働後、関西電力は1月31日に4号機の燃料装荷を開始する計画である。福島事故以前、関西電力は国内で最も原子力比率が高く、この再稼働によって関西電力の大幅な収支改善がもたらされるだろう。
出典Bloomberg

関西電力と滋賀県が原子力安全協定を締結
滋賀県は、関西電力との間の高浜原子力発電所の周辺環境の安全を確保するための原子力安全協定に署名した。高浜原子力発電所は滋賀県の隣県である福井県に位置する。協定では、関西電力は発電所での緊急事態を速やかに報告し、事故によって発生した損害を補償することが要求される。
出典Nikkei Asian Review

アレバが50億ユーロの株式売却でEDFと合意最終化
フランスの原子力産業複合企業アレバは、収益を改善し、ウラン採鉱、濃縮、および再処理に事業を集約するため、50億ユーロ(54億5千万ドル)の新株を売却することを発表した。フランス政府はアレバの事業再編を成功させるために財政再建を支援するとともに、その他投資家へも参加を呼びかけている。
出典BloombergAreva

アレバがEDFとの合意最終化を模索
アレバの取締役会はCEOに対して、EDFによる原子炉事業買収に関する交渉を最終化させる権限を与えた。原子力発電所の国営オペレータであるEDFは、取締役会において最終査定額25億ユーロに合意したと述べた。この額は多少調整される可能性がある。
出典World Nuclear News

米国上院が包括的エネルギー法案に関する議論を開始
上院ではジョージWブッシュ政権依頼初となる包括的、超党派エネルギー法案に関する議論を開始した。この法案は、現在米国の発電に起こっている大きな変化に取り組むため送電網や石油、ガスシステムを改良することを意図している。過去の法案は両党内の政治によって白紙に戻された経緯があるが、両党は今回の法案は大統領承認までいくだろうと楽観的見方を示している。
出典The New York Times

ヒンクリーポイントCの最終投資決定を延期
EDFは再度、英国ヒンクリーポイントC原子力発電所の建設に関する最終投資決定を延期した。当初、最終投資決定の発表を2015年末に行う予定であったが、発表は最早で2月16日になると見込まれる。10月の合意により、中国CGNが33.5%の株式を取得し、EDFは現在66.5%の株式を保有する。
出典World Nuclear News

  • Tags: