世界のエネルギーニュース総括:2月5日


foe_newsroundup_blueForum on Energyの週刊ニュース総括では、ウェブ上からピックアップした世界のエネルギーに関する話題について取り上げています。ニュース総括は毎週木曜の朝Forum on Energyで公開され、Twitterアカウント@forumonenergyからも閲覧可能です。

アメリカは欧州電力市場でロシアを打ち負かそうと試む
米国政府は、中東欧諸国のロシア産ガス、他エネルギー資源への依存を低下させるキャンペーンを繰り広げている。ロシアは歴史的に、ロシア産の石油やガスパイプラインを止めることで、旧ソ連諸国の政治的決定に影響を及ぼしてきた。米国政府はこれらの国に対して、新たなパイプラインやターミナルの建設を支援する一方で、原子力発電所の建設やシェール開発に関する入札に米国企業が応札するよう後押ししている。キャンペーンが成功すれば、この地域における競争の加速やエネルギー市場の安定化につながるだろう。
出典Associated Press

中国政府が960億ドルの企業合併を承認
中国政府は、原子力技術輸出の能力を向上させるという流れの中で、国営企業2社(中国電力投資集団公司と国家核電技術公司)の合併を承認した。中国電力投資集団公司は、中国の原子力市場の10分の1のシェアを有しており、国家核電技術公司は、ウェスチングハウス社からの技術移転を担当している。中国は、2030年までに原子力技術の主要な輸出国となると予想されている。
出典Power Engineering International

Eurasia Reviewによる日本の原子力発電に関する経済分析
Eurasia Reviewは最近の分析の中で、日本の原子力発電所の閉鎖による経済的コストを評価している。原子力発電を除くと、日本は国産のエネルギー生産によって、たった9%のエネルギー需要しか満たすことができない。ほとんどすべての化石燃料は輸入されている。「輸出市場における強みに関わらず、円安、化石燃料への依存や2014年第1四半期を通した国際原油価格の高値推移による天然ガス、原油輸入コストの上昇によって、日本の貿易赤字を引き続き拡大させた。」
出典Eurasia Review

NEI、ニューイングランド州の熱利用における天然ガス依存度上昇の危機についてブログに投稿
原子力エンジニアとニューイングランド州出身のハワード・シャファー氏による論説が原子力支持派のブロガーの中で注目されている。シャファー氏によると、昨年の極渦中の天然ガス供給の問題は、ジェット燃料を含めた燃料コストの上昇、原油価格が400ドル/バレルまで上昇したことである。NEIのブロガーであるマーク・フラナガン氏は、天然ガスは寒冷な気候下では温暖な環境下と比べて、信頼性が低くなると指摘する。バーモントヤンキー原子力発電所の閉鎖にともない、原子力発電でベースロードを安定させることができないと、電気料金が今冬のように急上昇するだろうと、多くの人が懸念している。
出典NEI