原子力発電についてどのように語るか


iStock_000003470513Small戦略国際問題研究所(CSIS)のシニアフェローであるジェーン・ナカノ氏は、先日、日本の原子力発電について総合的な概観を提示した。彼女はCSISの投稿において、LNG輸入への切り替えコスト、CO2排出量の上昇レベル、温室効果ガス削減に対する国際的な公約などを考慮し、日本にある全原子炉を停止にすることの国内的なコストを論じている。また川内原子力発電所について、規制機関からの承認や自治体からの再稼働許可を得ることが、エネルギー輸入額を削減するための重要なステップであるとする。

ナカノ氏は、「再稼働に対する勢力が高まっている一方で、再稼働のスピードや規模についてだけでなく、日本における原子力の将来についても依然として不確実性が残存している。しかしながら、原子炉再稼働の見通しが、福島の原発事故後の日本にとって重要な節目になるという事実を忘れてはならない。」と述べる。

記事全文は こちら