Breakthrough Institute: エネルギー効率が省エネにつながるわけではない


今週初めに掲載されたThe New York Timesの論説で、Breakthrough Instituteのマイケル・シェレンベルガー氏とテッド・ノードハウス氏は、3名の科学者が青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞したことについて、以下のように述べた。筆者によると、省エネルギー技術は省エネをもたらすのではなく、むしろ消費を奨励することになり、その結果技術の発明がないときよりもエネルギー利用が拡大する、とのこと。これは悪いことではない。世界中の人々が自身の生活環境を改善するよう努力する中で、人々はさらにエネルギーを消費するだろう。筆者曰く、トリックは環境への影響を抑えるクリーンなエネルギー源を特定することだ。

記事の全文はこちら