ビデオ:気候変動問題への取り組みと原子力のつながりに関するジェームズ・ハンセン氏のインタビュー


『パンドラの約束』監督、ロバート・ストーン氏による最近のインタビューの中で、ジェームズ・ハンセン教授(コロンビア大学、46年間NASAに勤務)は、世界的な気候変動のスピードを落とす包括的なアプローチの一環として、原子力を取り入れることの重要性を議論した。

関連コンテンツ:このテーマに関連するForum on Energyの記事「NYT:世界的な化学者が原子力の環境上の利点を主張」をご参照ください。