原子力エネルギー協会、インフォグラフィックで原子力産業のFLEX戦略を説明


2011年3月の福島第一原発事故への米国原子力産業の対応として、FLEX戦略に関する記述が多くなされている。米国原子力規制委員会の福島タスクフォース勧告に基づき、柔軟かつ展開可能なシステムとは、基本的に、極限事象の期間において効果的な原子炉冷却を確保するため現地および現地外のバックアップ安全対策を組み合わせたものである。

恐らく、複雑な取り組みを最も上手く説明しているのは、米国原子力エネルギー協会の「福島事故後に安全な原子力エネルギーを確保する」という表題の新しいインフォグラフィックである。

データによれば、FLEXは、「日本での経験から学んだ教訓を活かした、迅速かつ有効、効率的な方法により、過去30年間に産業が実施してきた安全措置に立脚したものである。」

NEI-FLEXInfographic800