アイディアギャラリー:原子力を排除するコスト


Nuclear Plant最近の文書において、JR東海会長葛西敬之氏は政府の原子力発電を段階的に廃止する計画に関して、強い懸念を表明した。

Forum on Energyは文書を以下に要約した。

日本の人々の雇用及び生活水準を維持する一方で、日本の産業界を持続させるためには高品質で安価な電力の安定供給が必須である。原子力発電はその現実を維持するために必要不可欠な電力源である。

 毎日のように、利点と欠点とについて尋ねられている日本人だが、原子力エネルギーの廃止にかかるコストについては知らされていない。電力は、産業の活力の源である。原子力発電のリスクを管理し、且つ克服しようとする一方で、費用のかからない、安定した電力供給を維持できないというのであれば、産業は崩壊し、人々は住む家を失うことになるだろう。

福島第一原子力発電所事故は、完璧な安全性を保証し、且つ最悪事態の下における危機管理への得がたい教材である。日本がもし、現実を直視し、且つこれまでにない安全対策を講じつつ、原子力エネルギーを利用していくのであれば、日本には明るい未来が待っている。