CQ Roll Callフォーラム:米国のエネルギーの将来


先週、CQ Roll Callは、米国原子力エネルギー協会(NEI)の後援により、「米国のエネルギーの将来」という討論会を開催した。この討論会は、政府と産業界のリーダーが、米国のエネルギーの課題について意見と見通しを語るものである。再生可能エネルギーに対する政府の規制から天然ガスへの依存まで、幅広い議題が網羅されたこのフォーラムには、米国の原子力エネルギーの未来に関する真剣な論議が交わされた。

米国上院エネルギー・天然資源委員会の上院議員ロン・ワイデン氏とリサ・マコウスキー氏の両者は、米国が自国のエネルギー需要を満たすためには、超党派で協力する新しい時代とあらゆるタイプの新エネルギーの開発に対する寛容性が求められるという点で一致した。代表のエド・ホイットフィールド氏は、福島事故の影響で、米国の原子力発電に対する規制が強化されたこと、そしてユッカマウンテンの核廃棄物処分場の復活に対する希望を強調した。

フォーラムは、米国のエネルギー需要とエネルギー開発の未来、特に原子力発電に関する熱心なパネルディスカッションで締めくくられた。パネルゲストには、以下が含まれる。

・ビッキー・ベイリー氏、BHMM Energy Services

・ロス・アイゼンバーグ氏、全米製造業者協会

・エルギー・ホルスタイン氏、環境保護基金

・ウィリアム・レビス氏、PSEG Power社長

米国はエネルギー源を多様化させるべきだと調査委員会が一致する一方で、それをどのように実現させるかという点で多数の提案があった。レビス氏は、原子力エネルギーが将来米国の電力の20%を供給するが、その数字が増える可能性はあると示唆した。「米国の原子力の将来に関する有識者委員会」の一員であるベイリー氏は、原子力発電を推進するため、米国は現在の原子力発電所群を安全に稼働させ、放射線が公衆衛生に与える影響について国民に周知し、核廃棄物の貯蔵問題に対処する必要があると語った。さらにホルスタイン氏は、気候変動に対する懸念から、多くの環境団体が炭素排出のないエネルギーオプションとして原子力発電を認めているが、経済的課題と核廃棄物の問題を解決しなければならないと強調した。