Japanese and U.S. Business Leaders to Aid Reconstruction of Eastern Japan


Just weeks after weathering Hurricane Isaac, New Orleans will host the Japan-U.S. Reconstruction Symposium: Business Leaders for Reconstruction in Eastern Japan on September 19, 2012.  The event aims to promote the revitalization of the economy in Kamaishi City, Iwate Prefecture, which sits on the northeast coast of Honshu, Japan’s main island. Kamaishi was one of the areas most devastated by the Great East Japan Earthquake and Tsunami in March 2011.

Event partners include:

During the event, Japanese guests will provide a report on the disaster and the degree of recovery in Eastern Japan and New Orleans leaders will demonstrate some of the amazing success arising out of the tragedies of Katrina. 

Donna D. Fraiche of Baker, Donelson, Bearman, Caldwell & Berkowitz notes, “Committed business leaders in New Orleans and the Gulf Coast region know what it takes to mobilize private enterprise to revitalize a region recovering from disasters, and we are eager to support the economic recovery of Kamaishi City and the areas affected by the earthquake and tsunami. The Symposium partners look forward the exchange of experiences on September 19-20 and believe leaders of both Japan and the Gulf Coast will benefit from this collaboration.” 

Ambassador Howard Baker and the U.S.-Japan Roundtable are encouraged by this example of cooperation that strengthens the special relationship between Japan and the United States. Check back with Forum on Energy and on Twitter for updates on the event.

Here are some helpful links:

  • By Wednesday, September 12, register online, or email rsvp@bakerdonelson.com.
  • To view the full agenda, click here.
  • Click here to view the Japanese version of the invitation and agenda.

To follow is a Japanese translation of this post.


日米ビジネスリーダーによる東日本大震災復興支援

2012年9月10日

ハリケーン「アイザック」の上陸から数週間後の2012年9月19日、ニューオリンズで日米災害復興シンポジウム:ビジネスリーダーによる東日本大震災復興活動が開催される。  このシンポジウムは、日本の本州北東に位置する、岩手県釜石市の経済活性化推進を目的としている。釜石市は2011年3月の東日本大震災による被害が最も大きかった地域の1つである。

協賛・協力:

シンポジウムでは、日本のゲストによる東日本大震災の東日本地域への被害・復興状況の報告、ニューオリンズのビジネスリーダーによるハリケーン・カトリーナからの復興成功事例について講演する。

ベイカー・ドネルソン・ベアマン・コールドウェル・バーコウィッツ法律事務所のダナ・フリーシュ弁護士は次のように述べている。「ニューオリンズやメキシコ湾に面した沿岸地域のビジネスリーダーは、被災地域を活性化させるために民間企業を結集する経験に富み、釜石市など2011年の東北地震と津波で被害を受けた地域の経済復興活動を支援したいと思っています。シンポジウムの協賛者全員、9月19日~20日のシンポジウムでの意見交換を楽しみにしており、日本と米国のメキシコ湾岸地域のビジネスリーダー達が協力し合うことでお互いに利益を生むことができると信じています。」

ハワード・ベイカー大使と日米円卓会議は、協力活動により日米同盟関係の強化に成果をあげたいと期待しています。このフォーラムの最新情報については、 Forum on Energy 、又は、 Twitter で告知致します。

リンク:

  • 参加希望者は、9月12日(水)までに、オンライン、 又は、Eメール rsvp@bakerdonelson.com  にてご連絡下さい。
  • シンポジウムの詳しい日程は、こちらからダウンロードして下さい。
  • 日本語の招待状と日程表はこちらをクリックして下さい。