日本が原子炉閉鎖にかかる費用を検討


日本の原子炉を直ちに閉鎖することは、等しく国家経済に即時の損害を与えるということだと水曜日のニューヨークタイムズの記事が報じた。

資源エネルギー庁によると、国内50基の原子炉の閉鎖は、国内の電力会社に559億ドルの損失と少なくとも4社の破産をもたらす。

日本は、昨年の福島事故後、経済的実態と安全性の懸念のバランスの取り方を含め、いかにして原子力産業を用いて前進が遂げられるかを議論している。

人々は簡単に日本の原子力発電所を閉鎖することを話すが、経済的及び金融的結果は厳しい、と東京国際大学環境経済学教授の武石礼司氏はニューヨークタイムズに語った。