新興市場は、原子力エネルギーの未来を握る鍵か?


福島事故以降、多くの国で原子力エネルギーの利用が後退しているなか、新興国では、原子力をエネルギーの未来を担う重要な鍵と見なしているようだ。

パキスタンの経済紙、ビジネスレコーダーは以下のように報道している。

「中国では、原子炉の約半分が建設中である」と、Uranium Energy Corp社の最高責任者アミール・アドナーン氏は語る。「韓国、インド、ロシアなど、原子力発電を最も必要とするのは新興市場、または経済発展の著しい国々だ。」

アドナーン氏によると、新しい原子炉は、福島第一原子力発電所や、40年を超えて未だ使用されているその他の原子炉の世代を超えた新しい技術に基づくという。

  • Tags: